注目の投稿

YOSAKOI かすや祭り2018

2018年5月31日木曜日

パピーの成長(生後19日目)

今日の黒ラブ団vsイエローラブズ。
 あか君、ぴんくちゃんの顔をカプっ。
 小柄だけど、長女のぴんくちゃん反撃。


 毎度、あお君のアクロバット寝姿。
 宴のあと
 こうして見ると、丸々としてきましたね。
 今日は一匹ずつのピンナップ。
第一子ぴんくちゃん:得意技は唸り声

 第二子あお君:得意技は金切声
 第三子きいろちゃん:甘え上手の遊び上手
第五子しろちゃん:小柄ながら落ち着いています

第六子あか君:むくむくの熊の子。常にマイペース。飲んだら寝ます。


生後19日目。見た目は子犬になってきましたが、まだほとんどの時間を寝て過ごしています。兄弟やおもちゃに少し興味が出てきたかな?といったところ。ワンツーをシートでできる子も出てきました。

お腹が空いたと泣き叫ぶ中、オデット母さんが産箱に入ってスタンバイOKなのに、気づかない子も。視覚からの情報はまだ少ないようです。私が四つん這いになって産箱の掃除をしていると、オデット臭がするのでしょう、わらわらと寄ってきておっぱいを探してるような様子も見られるようになりました。

授乳のあと、すぐに眠れれば問題ないのですが、そうでなかった時、寝ぐずりする子がいます(あお君)。そっと撫でてやると静かになるので、少しコミュニケーションがとれるまで成長したと感じます。

訓練士からもらった資料によると、3週間頃から社会化が始まるそうです。母親だけの世界から、臭いで知ってる同居家族を覚え、少しずつ世界を広げていきます。目が見え、耳が聞こえ始め、世界が広がると同時にトラウマもうえつけてしまいやすい時期だそうです。

そして、6〜8週になる頃、順調に成長していれば、あまり恐怖を感じないそうで、家族以外の人に接して、さらに世界を広めていくそうです。

ところが、生後12週以降になると、目新しいものを避けるようになり、「新しいことへの社会化が困難になる」と書いてあります。散歩のときなど、社会化できていない犬に会うと、犬も飼い主も可哀想です。

人の15〜20倍のスピードで成長しているパピーを見ていると、毎日をいい加減に過ごしてはいけないなと改めて思います。8週になる前にパピーウォーカーと暮らすようになり、4週間は外散歩もできませんが、とても大事な時期なのですね。
新しい家で、新しい家族、新しい環境をいっぱい吸収して、でっかい心をもった犬に成長してもらわねば!

0 件のコメント:

コメントを投稿

管理人の承認後に表示されます。