2019年1月13日日曜日

祝!引退

明日は成人式。成人に加わるみなさま、おめでとうございます。
成人年齢が18歳に引き下げられる2022年は、うちの息子達は二人揃って成人式となるはず。下の息子にいたっては、高校3年1月の受験真っ只中で、早生まれなのでまだ17歳。なんとも想像出来ないのが本音ですが、二人とも女の子でなくて良かった〜というのが一番の感想です^ ^。でも、きっと、そんな姉妹は必ずいるし、友達にも...。大変よね。
とはいえ、私自身の成人式は、家を離れていたこともあり、式にもでずに普通に過ごしていたので、あまり思い入れはないのですが。

オデットの話。
先週の金曜日、晴れて(?)繁殖犬を引退して「引退犬」となりました。私も引退犬ボランティアに昇格(?)。今後は、犬の健康に留意して楽しい引退生活を満喫させるよう言い渡され、誓いのハンコを押してきました。
「うちでいいの?」とオデットに問うも、明確な返答は得られず。
九盲のモニュメントの前にて

協会に行った際、オデットパピーS胎ステラが協会で預かり保育?的な訓練中で、ラッキーにも会うことができました♡35周年の時は、人の多さに怖がって固まっていたステラですが、今回は尻尾を振ってお腹を出して甘えてくれて、母ちゃん、めっちゃ嬉しかったよ。若い頃のオデットに似ていて、相当な美人犬( ˊ̱˂˃ˋ̱ )だったことも付け加えておきます♡
ちょっとビビりではあるようですが、普通に可愛かったので安心しました。

↓これは生後6週間のスーちゃん、ことステラ。小さくて丸くて、顔がシワシワのタレ目ちゃん。可愛いくて大好きでした。今のステラは顔もほっそりしてましたが、毛並みの手触りが他の子と違ってビロードみたいなのは変わっていませんでした^ ^。

カゴに入れていたアボカドがこんなことに!

アボカドを見たお姉ちゃん、どうしてもやりたくなったそうです。何やっとる!?受験生。
クイーンエリザベスとヨハネパウロ2世
 ぽかぽか暖冬でバラは咲き続けています。それに引き換え、ヒヤシンスは根を出すのに失敗して一本伸びてるだけ。しかも2個も(T ^ T)。ごめんねぇ。
今後はマーブルがヒーター前を占領。写真を撮ってたら...
 写真好きなガジュマルがやってきました。
 ほれ、撮って。フォトジェニックがじゅまる。

なかなかカメラに笑顔を見せないオデット

2019年1月10日木曜日

冬空

日本海側特有の雲が多い冬ですが、雨はほとんど降らず散歩には困りません。
「手術してから、なんか元気ねぇ」とか「最近、子供返りしてるんじゃない?」と家族から言われるので、昨日は100段を超える階段を久しぶりに登りました✌︎('ω'✌︎ )
 頂上にて。絶対にカメラを見てくれないっ。さすがに疲れるみたいで、この階段は喜んでは登りません。
水仙がずらりと咲いていました。オデットは笑顔見せてくれず...
午後は爆睡していました。
 がじゅまるはヒーターにくっついて。触ってもヤケドしないヒーターとはいえ、さすがにくっつきすぎでは?

2019年1月5日土曜日

こんにちは2019

新年明けましておめでとうございます。
年末年始は穏やかな天候で、青空のもと、日中の気温は10度以上。こんな天気なら一年中冬がいいな、と思ったほどです。暑いのは苦手です。
我が家の年末年始は、受験生を自室に追いやり、漫才三昧の日々でした。
 スヌーピーは大手術を何度も乗り越え、なんとか原型をとどめています。
 肩乗り犬と仲良くしていたら、がじゅまるもやってきてしまいました。
 受験生を留守番させて、護国神社へ初詣。太宰府は近づけないほど込み合いますが、こちらは大丈夫そうです。でも、お参りするのに30分以上は並びました。
 鳥居の向こう側へは犬は入れないとのことで、息子達とオデットは屋台を散策。鳥居のこちら側はペットの待合所となっていました(^ ^)。


「さ〜くら咲いたら一年生
ひ、と、り〜で行けるかな?♪」とピアノで弾きながら、
「桜が咲けば、一年生になれるありがたさに気づくべきだった....」とは、受験生の切実な声でした(^∇^)。世の中の受験生のみなさま、あと少しがんばれーーー\\٩( 'ω' )و //
受験生を支えるお母さん、早く解放されたいですねぇ〜(^^)

2019年がみなさまにとって、世界にとって良い年となりますように。

2018年12月30日日曜日

さようなら2018

2018年も残すところあと1日。こちらは気温が10度を下回って、活発に走り回っているオデットです。庭でも散歩でも、やたらと元気に歩いたり走ったり、追いかけ回してハッスルしてます^ ^。今日は、大濠公園へお散歩。大人がスタバであったまっている間に、若者とオデットは歩き続け、運動量倍増計画成功!冬やすみ、万歳♪( ´θ`)ノ

おかげで夜には熟睡姿。お腹が丸く剃られているのが恥ずかしいけど...(*^^*)
 近づいてみます
 さらに、近づいてみます
 前歯が可愛い♡

 昨年、サンタさんからもらったスヌーピー。すっかり汚れていたので、洗ったばかり。なのに〜、今朝、とうとう鼻が!緊急入院となり、ちくちくしている間も足元でシットして待ってたオデちゃん。「スヌーピーは?」というコマンドで、スヌーピーを探すという技を覚えました(^ ^)。
我が家は忙しいこともなく、新年を迎える準備もそこそこに...、のんびりと過ごしています。2018年はSちゃん達と出会った大切な年、オデットが引退した年として記憶に残るでしょう。
みなさま、よい年をお迎えください。来年も穏やかに過ごせますように。

2018年12月27日木曜日

気づいたら年末

「オデが食べてるの、僕も食べるにゃーーー!」
 と言いながら、シンクを見上げるがじゅまる。ラブはいつでも腹ペコですが、うちのトラ猫も腹ペコで、私の顔を見ると「なんかくれニャー」と言います。時々、びっくりする程のおデブさん猫がいますが、どうしたらあんなに太るのかなぁ?がじゅまるも食べたいだけ食べてるけど、普通サイズです。
 末っ子が食卓に宿題を広げると、かならず乗ってくるがじゅまる。今日は控えめ。
 「がじゅまる特集なの?」ソファの背もたれの向こう側からオデットのご挨拶でした。
クリスマスも終わり、気づくと年末。お正月の準備はあまり楽しくない私なのでした。

2018年12月25日火曜日

Merry Christmas!

今年のクリスマスは暖かく、太陽が出ている日中は汗ばむほど...。北海道へ行ったイトちゃんが真っ白な雪の中で駆け回る映像が届くと、日本って広いんだなと思います(^ ^)。

 暖かい日が続いて、バラもずっと開花を繰り返しています。本来なら、そろそろ葉をぜんぶ落として休眠させないといけないのでしょうが、無下に蕾を切り取るのもできず様子見です。
 術後1週間が経ち、すっかり元どおりのオデットです。散歩前の大喜びも、歩き方も術前と同じです。今のところ、手術の影響は感じられないのでホッとしています。手術のためにお腹の毛を剃られて、肌色が目立つのがちょっと違和感(^.^)。今週末には抜糸予定です。
術後、化膿止めとして抗生剤が出ていたのですが、1日2回2錠ずつの処方だったのに、1錠ずつしか飲ませてなかった失敗...化膿しなくてよかったーーー。

 雲ひとつない青空。クリスマスとは思えません。
今年は、長女の学校でクリスマスキャンドルを見学して、当日はビデオを撮るのに必死でしたが、それから毎日繰り返し見たり聞いたりしては感動を深めて過ごしています。昨日は、お父さんと息子が近くの教会でクリスマスミサにあずかり(宿題だからだけど)、ちょっとクリスマスらしく過ごしました。
世界平和はみなさんがお祈りしてるだろうから、犬たちの幸せをお祈りしておこうかな^ ^。いつもより他人に優しくできるクリスマスでありますように。

2018年12月20日木曜日

九盲35周年&避妊手術

12月16日、九州盲導犬協会35周年イベントに参加しました。
雨つぶが落ちている朝だったので心配しましたが、次第に雲が晴れ、協会内も大盛況でした。人と同じくらいの数の犬たちがひしめき合い、そんな中、ハーネスをつけた盲導犬たちはしっかりお仕事をこなしていました。
可愛い3ヶ月のパピーは大人気。20キロ超えのラブが居並ぶ中、その存在はチワワサイズ( ^∀^)!貴重な大きさを触らせてもらいました♡
オデットパピーのステラ、シェリー、ジーク、ショーンもみんな参加していて、会うことができました♡すっかり大きくなって、それぞれ個性豊かに育っているようでした。
盲導犬や繁殖犬を引退し、引退ボランティアさんと一緒に参加している子達が可愛がられている姿を見ることができたのも、嬉しい出来事でした。

盲導犬として活躍中のブラッキーも、ブラッキーのママ犬ほのかちゃんの元気な姿にも会えたし、なんだか同窓会みたいでした。犬舎見学では頑張っている後輩犬たち、オデットパピーのジュールもいました。この子たちだけは、涙なしには見られない...

5年前の30周年、今回の35周年、次は5年後?
できることなら、毎年開催してくれると嬉しいな。

さて、その翌日...
17日月曜日、オデットは避妊手術を受けました。記録を残しておきます。
手術の朝のさんぽ
散歩も長めに歩いて、公園で水仙の新芽を見つけてパシャリ。

朝ごはん抜きで病院へ。吠えることもないけど、黒い顔と黒い瞳でしっかり「いやだな」と訴えていました。無言の訴えの方が獣医の先生もこたえるようで...「嫌われるなぁ」って。
手術は、卵巣と子宮を切除しますが、骨盤の中にある子宮を完全に取り去るのは難しいそうです。若い犬よりも脂肪が多く、物理的にぬるぬるするのでやりにくい、といった事も言われました。
午後、無事に手術が終わったお知らせをもらいました。

18日火曜日。午前中にお迎え。
しっかり立って歩くけれど、表情は暗い。
病院で餌を与えたけれど、食べなかったそうです(O_O)!丸1日、なんも食べてないのに!
腹ペコのところで、どか食い、がぶ飲みをして胃捻転を起こすラブが多いそうで、気をつけるように注意されました。
車の後部シートには飛び乗りましたが、家について、自力で降りようとしないので抱いて下ろす。階段は歩いてあがり、部屋に入るが、なんとなくよそよそしい。
クッションをそばにおいて、私もできるだけ動かないようにして寝かせる。
夕方、起きてきて「ごはんちょうだい」という顔をする。
食欲も戻ったようので、ウェットフードをぬるま湯で溶いて与える。完食( ◠‿◠ )

19日水曜日。
散歩に行きたいというので出るけれど、本調子ではない。
餌は、いつものフードを完食。ワンツーも問題なし。よく寝る。
一度寝ると、深いようで、子供達が帰宅しても迎えに出ない。

20日木曜日。
朝から雨。手術の傷口がくっつくのに3-4日かかるそうで、汚さないように言われています。雨があがり、やはり散歩に行きたがるので、完全防備の全身レインコートを着て出発。着心地はよくないらしく、歩きにくそうにトボトボ。他に楽しみもないので、あちこち臭って歩く。
夕方、買い物から帰ってきたら、飛び出してきて喜ぶ。ようやく元に戻ったかな?化膿止めの薬を飲んでいるせいか?、やたらと水をよく飲む。それだけが気がかり。
目も生き返った
病院に貼ってあったポスター
福岡市では、犬猫殺処分を減らすため、「犬猫パートナーシップ店 認定マーク」を作り、厳しい認定基準をクリアしたペットショップに与えるそうです。
もともと、ペットショップで生体を販売することを禁止してほしいけれど、なかなか進展しない中、これは全国で初めての試みだそうです。
簡単に買うことができず、講習を受ける義務が発生したり、制約が増えて面倒臭いし、はたして繁殖の現場にまで踏み込んでいるのかはわからないし、どこまでこのマークが浸透するか...。現在、認定されているのは10店舗のみ。実際に買う人がこのマークを認識するまでには時間もかかると思いますが、買う人も売る人も命に真面目に取り組んでほしいものです。zuttoissho.com

手術日の朝、散歩大好きオデットに「さんぽいく?」と言った時のの様子です⬇︎この時はまだ何も知らない...( ; ; )