2017年6月16日金曜日

ジェイド、まもなく香港へ

来週、J胎ブラザーズのジェイドのが香港に行きます。香港へ行く事が決まってから、Facebookで香港盲導犬協会をフォローしています。

こんなにネットが充実した世界では、発信する香港盲導犬協会での様子の方が、発信しない九州よりもよく分かるという、ヘンテコな事が起こっています。

九州からはジェイドが香港へ、昨日、香港からはBingoという黒ラブが九州へ送られていますが確認できていません。Bingoにさきがけて、Bingoの兄弟、Bessは台湾盲導犬協会に行っていますが、到着間も無く台湾盲導犬協会のFacebookで紹介されています。
追記(6/17 Bingo到着の写真が、香港盲導犬協会のFacebookに掲載されました。元気そうで安心しました。)

香港のFacebookでは、一匹の犬が台湾へ、そしてもう一匹が日本へ行くことについて、香港盲導犬協会がパピーウォーカーの一日一日の様子や心情を数日に渡って掲載していました。その記事に千人以上の人がボタンを押し、百人以上の人がコメントを残し、数十人が記事をシェアしています。
Bingoが生まれて、これまでの写真が長いビデオになっています。ぜひご覧ください。パピーウォーカーを知ってる方なら作り手の気持ちが分かると思います。

私は中国語を理解することは出来ませんが、外国へ送り出すパピーウォーカーの気持ちは写真を見るだけでも痛いほど分かります。私と同じ気持ちを持ってる方が育てたBingoを、よく来たね!って抱きしめてあげたいです。

BingoもBessも、空港でケージに入れられる前の写真は不安もなく、堂々としていました。ケージの中には、大好きだったであろうヌイグルミが見えています。送り出す人の気持ちが伝わって来ます。
また、そんな暖かい心を持った、犬を大切にする香港盲導犬協会に行くジェイドは幸せになるでしょう!

私がBingoを抱きしめる機会はないかもしれませんが、九州で絶対に幸せになって欲しいと願っています。

盲導犬は人が作る使役犬です。

ペットの繁殖も人がしますが、盲導犬は限られた人が作っています。私は、使役犬として作られた犬たちが悲しい思いをしたり、闇に葬られる事のないようにブログを始めました。ペットでない犬を沢山の方と共有して、犬たちの幸せに生きる権利を守りたいと思っています。

私が育てた犬は、私の元で過ごす事は出来ませんが、どこに、誰といるか分かっていて、みんな幸せだと信じています。

このブログを読んで下さる方が、Bingoと会う事があれば、ぎゅうっと抱きしめて褒めてあげてください╰(*´︶`*)╯♡

日本の関西盲導犬協会でも、香港へ候補犬を送った記事がありました(^o^)。

2 件のコメント:

  1. あかりんご2017年7月2日 11:21

    お久しぶりです😀ジェイドはオデットの子どもだったんですね!海外の方がその後の様子を知ることができて安心ですよね。私も台湾に行ったサニーの様子を楽しみにしています。その他の歴代パピーもネットで未だに検索してしまいます(見つかりませんが😅)。手を離れてもいつまでも気になるし幸せでいてほしい気持ちはみんな同じですよね。全てのパピー達が幸せであるよう願うばかりです。

    返信削除
    返信
    1. 本当に。
      サニーやスターの様子、私もFacebookで見てますよ(o^^o)。

      パピーウォーカーは、育てた犬のことを忘れませんよね。日本盲導犬協会はCCになった犬とCCボランティアとも交流を絶やさず、最後の時まで把握しているようです。使役犬として作られた犬なのだから、PWとしても、そうして欲しいと思います。

      九州の犬も、私が知ってるCCの犬は大切にされていますよ。どの子もみんな幸せでいるよう私も願ってます!

      削除

管理人の承認後に表示されます。