2017年5月18日木曜日

犬と猫

顔を洗っていて、ふと振り向くと、こんな姿の犬が横たわってたら、ほわんとした気持ちになります(o^^o)。どこへ行っても足元にいるストーカー犬です。
ちょうど一年前、熊本のエレナを預かっていた時は、オデットも嬉しそうによく遊んでいました。オデットの相棒がいたらなぁと思うんだけど…。

猫と仲良しの犬もいますが、オデットは遊ぼうとはしません。
別々の場所で拾った猫たちは仲良しで、2匹で留守番させても寂しくなさそう。5人と3匹が同居するにはリビングが狭く、ガジュマルのマーキングが激しくなったので猫部屋を作りました。狭くてストレスがたまるか心配したけど、邪魔されない自分の部屋に満足したようです。リビングに出すと二匹で走り回って遊び、寝るときは2匹で丸くなっていたりして、2匹いて良かったと思います。

オデットのパピー、ジュディのパピーウォーカーさんからお電話もらい、とっても元気な様子を伺いました(o^^o)。三つ子の魂百までの通り、幼い頃の性格ってあまり変わらないんですね。
元の性格が変わらないくらい、のびのびと幸せに暮らしてるって事でもありますね。

今月末で生後半年になるJ胎ブラザーズ、身体も大きくなったでしょうね。20キロ近くなって、自信もついて、最後の反抗期が来る頃かなぁ(ᵔᴥᵔ)?パピーだと思って、可愛い可愛い♡してたら、こんな事やあんな事をして人を試してきますよね。
三匹目のパピー、ブラッキーはとってもお利口だったのに、ある日、ネコの爪とぎをグチャグチャに壊してしまい(まぁ、たいしたものではないんですが)、私がめちゃくちゃに怒ったんです。今までしなかった事、しなくても良い事をして、人を試してる気がしたので。
その事件の後、ブラッキーと私の順位が決まった気がしたのを覚えてます。
その後のブラッキーは前にもまして聞き分けよく、付き合いやすくなりました。
犬は人の言うことをきくもの、これが徹底してないと、一緒に暮らしていても苦になります。そのために、人がしなくてはならない義務もありますが、群れで生活してきた犬は従っている方が楽だとも思います。
普段は犬と話してコミュニケーションしてますが、パピーを怒るときは犬になって噛みついたり、感情を出して怒ったりしてました。すると通じるものですね(^.^)。
大人のオデットには、怒る場面はほとんどありません。きっと、幼い頃にちゃんと躾けられたのでしょうね。パピーの話を聞いていると、パピーウォーカーしたくなります。たった一年ですが、子犬の成長は著しく、とてもやりがいを感じます。

でもでも、YouTubeで見るだけなら、ラブラドールのデンバー、いたずらばかりしてますが憎めなくて大好き♡。ぜひ見てみてください。
でも、一緒に暮らすのは大変かも( ̄∇ ̄)。


終わりがけの花を切って浴槽に…
バラ風呂♡
バラの香りが漂います(((o(*゚▽゚*)o)))♡

0 件のコメント:

コメントを投稿

管理人の承認後に表示されます。